お肌の乾燥、原因と解決方法!

この時期、特に気になる「乾燥」正しいお手入れでツヤ肌を目指そう!

高級美容液やクリームを塗る前にちょっと待って!まずは基本のお手入れから見直してみよう!

あなたのお使いのクレンジングは何タイプ?

実は間違ったクレンジングで更に乾燥を悪化させてるかも!?

 

現在、ドラッグストアでもずらーっと並んでいる、沢山の種類のクレンジング。自分に合ったクレンジングを見つけるのは大変。
クレンジングには大きく分けて「オイルタイプ」「ミルク、クリームタイプ」があります。

 
オイルタイプはスッキリとメイクを落としてくれて、とても人気がありますよね。
でも実は、乾燥を更に悪化させている場合も多いんですよ!乾燥が気になる人には、断然ミルクやクリームタイプがオススメ。

 
オイルタイプを使うと、お肌に必要な油分まで取ってしまっていることも。

では、実際にはどのようにお手入れしていくのがいいのでしょうか。

まず、基本のクレンジング、洗顔です。

クレンジング剤を適量取り、ゆっくり優しく丁寧に、大きな円を書くようにクレンジングをしていきます。
気になる小鼻もクルクルしっかり。

 
お肌に負担をかけないように、1分くらいで洗い流しましょう。
しっかりと洗い流せたら洗顔料を適量取り洗顔していきます。

 
ここでのポイントは「たっぷりモコモコの泡を作ること!」目指すはレモン1個分の泡。
めんどくさがり屋さんでも、簡単にモコモコの泡が作れるグッズも売っているのでチェックしてみてくださいね。

 
そしてその泡でお肌を洗います。この時、手は触れないで泡だけで洗う様に意識しましょう。
ゴシゴシしないと洗った気がしない!なんて思ってる方も多くいますが、大丈夫。小さな毛穴はきちんと洗えているんです。

 

洗顔をしたら、よくすすぎます。すすぎのポイントは「目標30回!お水の温度にも気をつけて」

 

ここでしっかりと洗い流さないとニキビの原因にもなります。
髪の生え際も念入りに流しましょう。

 
この時のお水の温度ですが、必ず「体温よりも低い温度」で洗う事が基本!
寒い時期など、ついつい温かいお湯でやりがちですが、それでは乾燥が進んでしまいます。

 
体温より低い温度ですすぐ事によって、お肌に必要な油分を残してあげましょう。

 

洗顔まで終わったら、次はお肌にたっぷりと水分、油分を足してあげましょう。

 

お化粧水の正しい付け方は、必ずコットンを使う事!

たっぷりのお化粧水をコットンに取り、パッティングしていきます。
手で付けてしまっては、せっかくのお化粧水を手が吸い込んでしまいます。

 
この時のポイントは「お肌が冷たくなるまでパッティング」しっかりとパッティングをする事で、その後につけるクリームの浸透をよくします。

ここまで来たら後少し!

たっぷりと美容クリームや乳液をつけましょう。朝も夜も同じ乳液をつけないで!
出来れば夜は栄養成分たっぷりの「ナイトクリーム」をつけましょう。

 
人間が食事をするのと同じで、お肌にもお食事させてあげるつもりで、栄養をたっぷりあたえましょう。
そして朝はしっかりと洗顔料を使って洗い流しましょう。

基本のお肌のお手入れ、いかがでしたか?

 
気を遣ってお手入れしてあげれば、お肌は必ず答えてくれます。
ポイントをおさえて、乾燥知らずのツヤ肌が手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です