プリンセスヴェールホワイトマスクのレビュー|元美容部員が本音で口コミ

購入動機 肌悩み

最近お肌のうるおい不足を感じる。なんだかお肌がぱっとしない。強い日差しでシミが出来るのを防ぎたい。そんなお悩みお持ちですか?

 

そんな時はぜひ一度、ローションマスクをいつものお手入れに加えてみてはいかがでしょうか?

 

冬のあいだに乾燥しやすくなってしまったお肌。そんなお肌に追い打ちをかけるように、春先は花粉や紫外線量の増加など、気をつけないといけないことがさらに増えます。

 

乾燥要因によってお肌が乾燥すると、色々な肌悩みが出てきます。小ジワ、ニキビ、敏感肌などなどきりがありません。

 

風邪は万病のもととよく言われますが、お肌の乾燥は万トラブルのもとです。しっかり保湿して、肌トラブルを防いでいきましょう。さらに紫外線量増加に対する美白対策も、お手入れポイントに加えていきたいとおもいます。

 

肌トラブル別原因

 

上記の肌トラブルをそれぞれ簡単に説明したいと思います。

 

乾燥による小ジワ

お肌が乾燥することにより、肌の水分量が減少します。実はこの水分量は、肌の弾力を生み出す要素のうちの一つなのです。

 

肌の弾力がなくなれば、どんどんシワは深く、さらに増加していきます。スポンジなどがわかりやすい例えでよく使われていますよね。

 

乾燥ニキビ

ニキビと聞くと、脂っこいオイリー肌の方だけの悩みだと勘違いされている方がよくいらっしゃいます。しかしそうではないのです。乾燥することにより、その水分を補おうと脂分が過剰分泌されます。その結果お肌の表面はテッカテッカ、さらに雑菌が増殖しやすくなり炎症、ニキビとなります。

 

乾燥による敏感肌

お肌が乾燥する、すなわち脂分、水分の減少による肌のバリア機能の低下が起こります。バリア機能が低下することにより、外からの刺激(気温の変化、ハウスダスト、雑菌など)に肌が敏感になり、過剰反応(赤みや痛み、かゆみなど)をおこします。

 

このように、乾燥がいかにお肌の大敵かお分かりいただけましたでしょうか?お肌を乾燥させないことが、美肌への第一歩になると信じております。では、さっそく美肌へ近づくためのアイテムを試してみたいと思います。

 

アイテム研究

 

記載成分で気になる成分を詳しく調べてみました。

 

ビタミンC誘導体GL(保湿)

このマスクにはテトラヘキシルデカン酸アスコルビルという脂溶性のビタミンC誘導体が使用されています。脂溶性ビタミンC誘導体は、お肌への刺激が少なく、皮膚内の作用持続効果が高いとう特徴があるそうです。(GLはグリセリンとの記載。)

 

しかし、水溶性と比べると即効性が下がり、さらに持続性が高い分吸収に時間がかかり、使用感でべたつきを感じることもあるそうです。

 

使用感のべたつきは使用中のポイントだとおもいますので、後でしっかりチェックしていきます。

 

ハトムギ種子エキス(保湿)

漢方薬としても古くから知られており、消炎作用、天然保湿因子(NMF)を補うことによるバリア機能向上・保湿効果などに優れているため、ニキビ改善化粧品を中心によく配合されています。さらにコイクセラノイドという成分は、角質の代謝を高め、お肌のターンオーバーを正常にする働きもあるそうです。

 

ハマメリスエキス

ハマメリスの葉や樹皮より抽出。有効成分はフラボノイド・サポニン・ハマメリスタンニンで、消炎作用や収れん作用があるそうです。

 

ボタンピエキス

牡丹皮、漢字のとおり根の樹皮部分より抽出。美白・抗炎症・抗酸化作用があるそうです。

 

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン

シリコン系油性エモリエント成分。つやのある保護皮膜を作り保湿効果を高めるほか、はっ水性や潤滑性があるそうです。

 

セスキオレイン酸ソルビタン

乳化剤・合成界面活性剤です。

 

その他美肌成分として、豆乳発酵エキス・ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸、グリセリン、温泉水などなど。香料は入っていますが、弱酸性・無着色・無鉱物油で、防腐剤としてエチルパラベン・フェノキシエタノール・メチルパラベン配合です。この3つの防腐剤は低刺激が特徴です。

 

マスクシート自体にもこだわりがあり、天然素材100%で、異なる繊維を3層に重ねることにより美容液610ml配合を実現。さらに日本人女性の顔のサイズを徹底研究して開発した形状マスクだそうです。顔へのフィット感も、後ほどしっかり見ていきたいと思います。

 

使い心地

 

さっそく‘絶品愛されぷるるん肌‘になるためにシートマスクを使用してみたいとおもいます。

 

このマスクは透明感を上げるケアアイテムのようで、一枚のマスクに美容液610mlがしっかり含まれているそうです。610mlって数字で見てもピンとこないので、お水で量ってみました。

だいたい500mlのペットボトルとちょっと、という結構な量ですが、こんなにたっぷり美容液成分が一枚に濃縮されていて、さらにそれが46枚もという大容量。毎日使っても経済的なお値段なので、かなり高ポイントです。

 

 

では、マスクを取り出してみたいと思います。プラスチックの容器に入っており、蓋の部分はテープになっていて、使うたびにぺりぺりっとはがして開封します。

使い始めはいいかもしれませんが、35枚目くらいになった時の粘着力はどうなのかなと少し疑問です。シートは折りたたんで入っています。ティッシュのように上からどんどん取り出して使っていきます。


箱の中には目に見える量の美肌成分液がたっぷり染み出しています。


香りはフルーティフローラルと書いてありますが、香料よりも少しアルコール臭がきつめかなというのが感想です。使用方法のとおり、クレンジング・洗顔の後に使用します。

 

顔に装着前のマスクはこんな感じで、目までカバーされています。

目の部分を外側に折り返して使うことで、乾燥しやすい目元を集中ケアできるようになっています。これはすごくうれしいポイントです。

 

さっそく顔の上にのせてみます。お手入れマスクの長所のひとつは、数分のせているだけでパッティング数百回分の効果が得られることなので、鏡の前じっくりお手入れできない忙しい方でも「~しながら」お手入れができるメリットがあります。

 

しかしこちらのマスク、装着後すぐポタポタと美容液が首元に垂れてきました。重力には逆らえませんがこんなにヒタヒタ垂れてくると、最初の数分はマスクをのせたまま用事ができません。これは少し残念でした。

 

マスクのフィット感ですが、どうも口元が結構パックリな感じです。

他はとてもよくカバーされていますが、気になるほうれい線部分もカバーしたい人にとってはちょっとマイナスポイントかなと思います。

 

関西人の私的意見を加えるならば、横からひっぱって口元の方へ動かせばええやん、というだけなのですが、やはりそういうセコイ考えではいけません。引っ張ればフェースラインまでマスクが届かなくなってしまいます。せっかく時間をとってお手入れしているのですから、そういう細かいところまでケアしていきたいと思います。

 

装着から数分後、額の部分が乾いてきました。しかし口元などの鼻から下の部分はまだまだしっとりです。先ほどの残念ポイントとあわせて考えると、シート自体がそこまで液体をとどめておくことができない構造なのだと思います。

 

使用方法には5分ほどでマスクを取ると書かれてありましたが、乾燥が気になる方は10分ほどが効果的とありましたので、10分間使用してみました。

 

マスク直後のお肌はひんやり冷たく、角質層にしっかりうるおい成分が行き届いた感がありました。

 

べたつき感ですが、やはり美容液マスクのため多少お顔表面のべたつき感はあります。しかし、そこまでヌルヌルではないので、手のひらをこすって少し温め、パームプレスを行うことで、スッとお肌に浸透していきました。あとはしっかり乳液、クリームなどで蓋をして、うるおいを逃がさないようにして、お手入れ終了です。

@コスメ評価

口コミ評価1.7、口コミ件数79件(2017年4月23日調べ)でした。皆様毛穴の引き締まりを実感されており、毎日使いアイテムとしてお手入れに投入しているようです。
http://www.cosme.net/product/product_id/10118251/reviews

総評

毎日使うという点ではコストパフォーマンスも悪くなく、気軽にはじめられるので素晴らしいと思います。このシートマスクは美容液成分配合ですが、美容液の割にはさっぱりとした使用感から、どちらかというと化粧水ローションマスクと思ったほうがよさそうです。

 

ホワイトマスクとあるように、有効成分からも紫外線ダメージによる毎日のケアに適していると思いますが、できてしまっているシミなどの改善を目的にするには足りないです。保湿効果は使用後すぐに実感でき、乾燥対策には最適だとおもいます。

 

しかし、いくら消炎作用などの成分が入っていても、お肌が荒れているときや異常があるときの使用は控えていただきたいとおもいます。このコスメは医師処方のお薬ではありません。使用上の注意をよく読んでからの使用をお願いします。

 

少しでも皆様の理想のキレイに近づけるお手伝いができれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です